長崎バイオパーク

長崎バイオパークの一般入園料は下記の通りです。

● 長崎バイオパーク入園料

大人 中高生 3歳~小学生 シニア(60歳以上)
1,700円 1,100円 800円 1,100円

● 長崎バイオパーク入園料+PAWセット入園料

大人 中高生 3歳~小学生 シニア(60歳以上)
2,000円 1,400円 1,100円 1,400円

他にも、15名以上で適用される団体割引、幼稚園・保育園の遠足、学習旅行割引(修学旅行、学童保育、スポーツクラブ、塾など)、障害者割引などが用意されています。

割引料金が何種類も用意されているとは言え、一般の家族旅行や個人旅行で使えるものは限られています。ここでは、誰にでも使えるバイオパークのチケットを安く手に入れる方法を探してみました。


スポンサードリンク



長崎バイオパークのチケットを コンビニ で安く手に入れる

コンビニで全国の動物園や遊園地などのテーマパークの前売り券が販売されていました。

長崎バイオパークの割引チケットはコンビニで買える?

この写真は、私がコンビニで購入した前売り券と現地で引き換えた長崎バイオパークのチケットです。

数年前は、カラフルなチケットと交換してくれて、大人、中高生、小人と各100円引きです。団体割引よりもお安い割引価格で購入できました。

ただし、60才以上の方は、現地にてシルバー料金(1,100円)にした方がオトクです。

下記のコンビニで長崎バイオパークのチケットを購入することができます。

  • ・ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン

それぞれのコンビニに置いてあるマルチメディア端末(Loppi、Famiポート、マルチコピー)を使って購入するというシステムです。

また、JTBさんなどでも取り扱いをしています。

前売券(割引チケット)はなくなった?

長崎バイオパークのチケットを安く手に入れる2016年2月には、バイオパーク+PAW+500円の商品券がついたセット券が前売券として100円引きの2,400円で販売されており、私たちはコレを利用しました。

お昼にハンバーガーを食べたので、商品券はしっかりと使い切れます。もちろん、お土産も購入できますので、あってもソンはしません。

可愛いチケットとの引き替えもなくなり、窓口で見せてパンチで穴を開けられ、商品券を受け取るシステムになっていました。

ですが、2016年3月現在、残念ながらどこからも100円引きのチケットがなくなっており、定価での販売です。窓口に並ばなくてもいい、というのがメリットなだけのチケットなんですよね。

2017年4月現在、JTBさんなどの割引きチケットが復活しています!

割引券は季節によって出たり出なかったりのようなので、お出かけ予定が決まったら、各チケット会社のサイトで確認するか、コンビニの端末で値段をチェックしてみてくださいね。


スポンサードリンク



長崎バイオパークのチケットを ヤフオク で安く手に入れる

長崎バイオパークのチケットをヤフオクで安く手に入れる

ヤフオクや楽天オークションなどでも、様々なレジャー券が売買されています。
最近では2014年の10~11月に、上記のような取引があったようです。
(これはaucfan.comというサイトで調べることができます。)

一例をとると、送料82円と落札代金200円の合わせて282円で、4人まで大人 1,700円 ⇒ 1,360円、中高生 1,100円 ⇒ 880円、小人 800円 ⇒ 640円 と、それぞれ 340円、220円、160円オトクに買えるようです。

チケットの値段+送料+振込手数料などをしっかりチェックして、前売券購入よりもかなり安く抑えられればいいのですが、大差ないようなら前売券の方が安心かも知れませんね。

また、行きたいときに出品されているかどうかも分かりません。あればラッキー!くらいに思っておいた方がいいでしょう。

ランタン特別割引

2016年は2月7日(日)~2月23日(火)までが対象で、長崎の有名なイベント「ランタンフェスティバル」の開催期間に長崎市内の宿泊施設に泊まったら、そこの領収証を窓口に提示することで通常入園料が50%オフになりました。

領収書1枚で10人分がお安くなりますので、大家族なら大きい差額ですよね!

私たちはこの期間に行きホテルにも宿泊したのですが、この情報を知らなかったため、前述の前売券を買ってしまいました~(ノ_・。)

もしかしたら、来年以降もこういった特別割引がなされるかもしれません。行く前に長崎バイオパークの公式ブログを事前にチェックすることを忘れないようにしましょう!


スポンサードリンク